■謝罪

 

4月中に万全の体制には、まだ及ばない事を深くお詫び申し上げます、しかしながら

【至誠にして動かざるものは、未だこれにあらざる也  吉田松陰】

で、お客様のご理解を心から感謝します。

様々な問題の整理、道義上のけじめや、後片付けで4月を終え、なんとか5月の営業を迎えることが出来ました。
これもすべて、問題ばかりで御迷惑をおかけしているのにもかかわらず、応援してくださるお客様や業者さん、周囲の方々の理解のお陰です。

いろいろと支えられ、今日を迎えることが出来たことを心から感謝します。

これからは本当の意味で、商売の道を歩ませて貰える事を嬉しく思います。
今現在、店はまだまだ万全ではありませんが、女子スタッフの理解ある協力や、男子スタッフの懸命な努力のお陰で、なんとか日々向上しております。
稀に、お客様から厳しいご意見を頂く事はございますが、その言葉も店を良くさせて頂く貴重な意見として受け止め、改善改良を常とし、満足度の高い店作りの糧と心がけております。(クレームは宝です)

綺麗事、建前、理想論ばかりと思われるでしょうが、実際その通りです。
理想や人間的成長といった、目的・目標(目印)がないと、すぐ間違った方に行く自分があるからです。
自分自身、どちらかというと邪気の強いほうで、見てくれも紳士風でも無く、第一印象で好感を持たれる事は皆無に等しく、記憶にありません。
なぜなら、それは自分でそうしてきたからです、なめられたらアカンと思い、悪ぶれて態度がでかく、虚勢を張る、そんな考えや生き方がカッコええと思ってきた結果でしょう。
それが顔つきや、態度、雰囲気に出てたんやと思います。
それはプライベートなんかですと、モロに出ており、今思い起こしますと、人間的に最悪でした。
大事な者ほど疎かにし、そういった大事な人の的確な諫言には渾身の力で反発し続け、最悪な結果を招き、思いっきり苦しみました。
他にもいっぱいあります、書き続けたら、少年ジャンプの「こち亀」か、さいとうたかおの「ゴルゴサーティーン」ぐらいの長さになります。
それぐらい最悪やったんです。
あんな思いはもうしたくない、しんどいです。
結局、自分がまいた種が芽を出しただけで、因果倶時(ぐじ)【原因と結果が倶わる時】と言うやつでした。
自分のその時の思いで、行動をする、その思った時点で思いの結果は出てる。
お天道様に向かって唾を吐いたら必ず自分に還ってくる、そういった事です。

ホンマにもう嫌です
あんな思いは。
しゃあから考え方を変えよう、自分が変わろう、すべてに感謝しよう、人を大事にしよう、そうすれば何かが変わるやろうなって、必ず変わると信じてやってるんです。
商売を通じて、一人の人間として、人に、社会に、必要とされてる実感を持ちたい。
それが本音です。
私が、もしこの業界で不必要であり、淘汰されるべき人間であると、そう思い感じたら、天職では無いと判断しスッパリこの業界から消えます。
その時が訪れたならば、うちの大事な若い子らと業種を変えて勝負します。
しかし、他業種に移ったとしてもこの業界に必要とされてるのならば、めぐり合わせでこの業界へと戻されるはずです。
それはお客様と、お天とう様が定められると思ってます。
まだ、多少問題はありますが成長するための試練と捉え、これからもお客様に可愛がって頂き続けるよう、勉強をして、商売の精神を養い、器量のある人間になる努力をし続けます。
内面を整え、外見を徐々に変えて行きます、いきなりピッチリ横わけでピッタリスーツは無理ですが、好印象を与えれる商売人らしい風貌になる努力をします。

「艱難辛苦(かんなんしんく)汝を玉にす」

来店されて声をかけて下さるお客様に励まされ、陰ながら応援してくださるお客様に励まされ、
心から感謝し尽くしています。
当店が、いかほどのもので、どうあるかはお客様の目と肌で感じて判断してください。
これからも慢心、驕り、自己満足する事無く、努力し続けます。
これからも宜しくお願い致します。
長々と乱文ではございましたが失礼致します。

2004 5/1