無題

ウチの大事な仲間の一人が亡くなりました。
ホンマええ男でした。
ある程度時間がたって自分自身が落ち着いたのと、告知すべきかどうか自分の中で悩みましたが、
前にこの志在りでお伝えさせてもらった以上、最後まで伝える義務、とまでは言いませんが、心配してくれたお客様もいてくれてるので、必要性があると思うのと、
なによりも一人でも多く、すごくエエ子で、ヴィヴィッドに貢献してくれた事を知って欲しいと思い、告知させていただきます。
はじめに断っておきますが、この文に店の事は無く、俺だけの思いを書いてるのでご了承願います。

背が高くてモデルみたいにスタイルが良く、顔がホンマ男前、メチャクチャ男前で優しくて、純粋で一本気な子。
どこに連れてっても際立って目立ち、自慢できる俺の若い子でした。
周りの人からしたら生意気で気が短く、人の話を聞かないヘンコな奴、って思われてるとこもありましたが、
不出来な俺に良くなついてくれて、俺の言うた事を守ろうとする気持ちが良く伝わってくる、そんな男で、ホンマに可愛い奴でした。
今回も、俺に甲斐性が無く、今いてるウチの若い子らにも、長い子で5ヶ月も給料を払えてない事を知ってるので、違う会社にいながら時間を作ってくれ、ヴィヴィッドの立ち上げ、運営にも力を貸し続けてくれホンマ助けてくれた、義理堅く熱い、大事な若い子なんです。
遠いのに突然 俺の家に酒を持って来て一緒にメシ食ったり、用事も無いのに俺を気遣って電話くれたり、急に事務所に来て悩んでる俺の横に黙って座ってくれてたり、俺の話を一生懸命に聞いて、自分の友達を何人も俺の話を聞かせに来たり、俺が行ってるお寺に突然来てたり、他にもいっぱいある、とにかく可愛い奴なんです、ホンマええ子なんです。
3月に連絡があって「結婚しようと思ってるんです」、「赤ちゃんも出来るんです、結婚てどんなんですか」っていろいろ質問してきてホンマにうれしそうやった。
事故する3日前も事務所に来てて、何があるって訳でもなく俺の近くに座って二人でメシ食ってボーっとしてた。
俺の体調が悪かったから、車で途中まで送ってもらい、また明日会うくらいの気持ちで別れた、元気な顔を見るのはそれが最後やった。

その次の日の朝に電話があって、メシのお礼と結婚式の話で5分くらいしゃべって切った、それがホンマの最後になった。

もっとしゃべっておけばよかった、もっと車の運転に気をつけろって言うとけば良かった。
次の日の昼に奥さんから「ケンが事故って頭をかなり強く打て、脳がグチャッていって危ないんです」って、連絡が入った。
奥さんの声が震えてて俺も怖くなった、ホンマ何がなんかわからん様なってけど、
とにかく奥さんに安心させる為に思いつきの言葉をかけて、死ぬかもって信じられん気持ちで病院に向かった。

ホンマ何なんでしょうかね、腹が立つ、悔しい。
寿命やって言われたらそれまでやけど、受け容れ難い。
天命は必ずあると信じてる、必ず意味があって生まれてくる、ほなアイツはなんの意味を持ち何を果たしたんやろう。
そんなもん今の俺ごときが解かる筈も無いけど、俺の中で無理くり意味づけをし、
現実を受け入れなアカン、解ったつもりの薄っぺらい気づきに納得するで無く、これからもずっと意味を見つける、無ければ俺らが意味を作る、
必ず使命ってあるはずやから。

そうでないと、あんまりにもあっけなさすぎる。

自分も18才の時に同じようにいろいろあって全身打撲で耳がちぎれ、脳挫傷で脳に血がたまり意識不明やった、親も先生に覚悟してくれって言われた。
しゃあけど俺は巻き返した、生きてる、全部で集中治療室入れて10ヶ月間入院したけど今はピンピンしてる、しゃあから
「意味があり使命がある」って、奥さんやお母さんに「俺がエエ見本やし、あいつも使命がある大丈夫やって」って、ずっと言うてきた。

「嫁はん子供を残して死ぬわけない」、「俺とやらなアカン事があるから大丈夫、立派な使命があるから大丈夫て」・・
ホンマたまらん。
本来やったら先月の5月30日に結婚式の予定やった、「スピーチしてくださいってねっ」てお願いされて、メッチャ嬉しいのに値打ちコキながら引き受けた、値打ちこかんかったら良かった、今になってなんか、もっとこうしてやったら良かった、ああしてやったら良かったって、いっぱい思う。

ホンマ辛い。
しゃあけど、自分より先に死に、我が子を見送る親の気持ち、結婚式で旦那と成るはずが、お葬式で旦那の遺骨を持って帰る事になった奥さん、俺よりもっと辛い、比べもんにならんと思う、ほんまに言葉をかけられへんかった。
親と奥さんは四六時中頭から離れず、寝れず飯も食えん、ホンマ苦しい状況やろう。
そんな時でも俺は飯は食うてる、テレビも普通に見た、あほな話で笑いもした、一瞬一瞬でも頭から離れ忘れる事もあった。
もし、自分の身内がそんな状況やったらどないやろうって、もっと出来る事があるやろうと思って、
とにかく病院に行こう、忘れたくないから、顔を見ることが出来なくても行ける限り、ほぼ毎日病院に行って集中治療室の前に立って祈った。
俺の若い子らも、女の子らも一生懸命手を合わしてくれた、
寄せ書きしたり、自分らの意思で千羽鶴を折ってくれてありがたかった。
あと、嫁はんや子供にも頼んだ、知り合いにも「手を合わしてくれ」って頼みまくった。
ウチのオカンも一緒に病院に行ってくれた時、ホンマやったら絶対に入られへんのに、身内でも制限されてるのに、先生とお母さんと奥さんが、俺とオカンに「顔を見てやってください」って集中治療室に入らしてくれた、普通では無い事。
2~3発、檄を飛ばして活を入れたろうっと思って集中治療室に入ったけど、顔見て言葉が出んかった、胸が詰まった、機械に生かされてた、覚悟しとったがショックが強かった。
ウチのオカンは俺が死にかけた事で同じ経験をしをしてる、奥さんやお母さんを、励ますつもりやったけど言葉少なかった、
心臓が弱いのと、年食ってんのもあるやろうけど、堪えたみたいで次の日から寝込んだ、けど家でずっと手を合わせてくれてた。
その後、集中治療室で容態が急変し、心臓が止まり、蘇生処置をしたけど無理やった。

俺が病院に着いた時には20分前にもうアカンかった、ほんまヘコんだ、絶対に助かる、奇跡があるって思ってた。
いろんな人の応援があって、みんな自分が自分のできる事をやった、あとは宿命・寿命、天命そう思い込んでます。
なんだかんだゆうて助かるって、安易に思った時もあった、メチャクチャ後悔してる。
みんなホンマに辛い経験をした。

求めたものは叶わんかったけど、願いは聞き遂げられる、と信じてます。

「3週間集中治療室でよう頑張ったな、えらかったな、ホンマえらかったな、もう ゆっくり休みや。俺らみんな、ずっと忘れへんからな、絶対に忘れへんからな」

こないだ何気にフッと漫画のなかでの、俺の好きなシーンの好きなセリフを思い出した。

「人はいつ死ぬと思う・?心臓を打ち抜かれた時・・ 違う」
「不治の病に犯された時・・・ 違う」
「猛毒キノコのスープを飲んだ時・・・ 違う」

「人に忘れられた時に 人は死ぬ!」

「いい人生だった!!」

不器用ながらも、周りに邪険にされながらも、人のため、国のために、努力し続けて死んでいった男のすごい悲しい話。
若い子らに
「漫画から学ぶ事が出来る、学ぶ気があれば何からでも学べる」って、いつも偉そうに言うてた事を俺はやるだけ。

21才と太く短すぎる人生やけど、アイツが俺に、店にしてくれた事を忘れへん、絶対忘れへん。
共にいい人生を送るために、人を思い、人の為に尽くし、みんなで幸せになる、その思いと行動が大事。
それを徹すれば人の心に残り続ける、そう思う。
俺や、うちの若い子らはまだ未熟やから、その事をアイツは不器用なんで身体を張って教えてくれたと思ってる。
生きていく中で大事な事を気づかせてくれる、大きなきっかけにさせてもらう。

また、お客様の中で、顔も名前も知らない俺の若い子に、回復を願ってくださったお客様に、心から感謝します。
ありがとうございました。
ホンマにありがとうございました。

生意気ですが、
みなさんも何事もなく、無事に日々を過ごせる事に感謝の気持ちを持っていただければ幸いです。
また 日々平穏である事を心から願います。

ケン
生まれてくる双子の赤ちゃんに「お父さんはすごい男やったで!」ってしっかり伝えるからな。
男の子やったら、奥さんが俺に「預ける」って言うてくれたから任しとき、ウチの若い子らの事を知ってるから安心やろ!
道理をわきまえた人間味のある男、仕事が出来て、人に社会に必要とされる男にするからな!!
しゃあけど女の子やったら、俺には「絶対預けへん」て!おもいっきり目ェ剥いて言われた、そらそうやな。
「何か問題あったら言うといで、俺らみんなで守るから」って言うたら安心してたで!
ケン、生まれ変わったらすぐ俺んトコ来いや!
山下 山分 林 ひさし 友利 しげお 渥見くん、あと喧嘩ばっかりしてたタケ、みんな待ってるで!!
しげおが俺に「ケン君は絶対に喜んでくれてますよ」って言うてくれた言葉が切なかった、けどうれしかった。
メチャクチャうれしかった。
ホンマに喜んでてや!!
んじゃね、  ケン  バイバイ  ゆっくり休みや

2004.6.9    多聞